池田靖史研究室の新しいWebサイトが完成いたしました。

近年のプロジェクトについても、改めて紹介していますので、是非ご覧ください。

http://ikeda-lab.sfc.keio.ac.jp/home/

ikedalab1

池田靖史研究室が、東日本大震災の復興支援として行った3プロジェクト、

「おさかなアーチ」、 「ばぶるドーム」 、「がらす玉ウォール」についてのまとめサイトを公開しました。

http://ikeda-lab.sfc.keio.ac.jp/Designfor3.11/

toppage1

これらのプロジェクトは、

池田靖史研究室がこれまで取り組んできた「情報技術による新しい建築、建築設計の形」という研究が、

どのように社会に貢献できるのかについてを、東日本大震災の復興支援という形で実践したものです。

12.05.31デジモクMTG(4)

(more…)

12.05.17デジモクMTG(3)

(more…)

digimoku

2012 5.10

MTG log.

(more…)

amoeba-web
Amoeba「静」かに「動」く構造

学生BIM&デザインコンテスト2011 チャレンジング賞
コロキウム形態創生コンテスト2011 優秀賞

コンペ作品。「合理的に『変化する』かたちが造る建築」テーマで、歩道橋を設計。渋谷というめまぐるしい変化を続ける街の中心に、「静」かに「動」く構造による建築を提案した。

キーワード アルゴリズム コンピューテーショナルデザイン、コンペ

amoeba-web2 amoeba-web3

r1029285

r1029307 r1029312

 

sakana1

慶應義塾大学SFC 池田靖史研究室では、気仙沼復興プロジェクトの一環として、8/11・12に気 仙沼で開催された、「港けせんぬま復活祭」において、気仙沼小学校と南気仙沼小学校6年生 62人と共に、さかなのアーチをつくるワークショップを開催しました。気仙沼港で水揚げされ る代表的な魚「かつお」「さんま」「さめ」の形に切った3種類の木板のピースを、釘やノリを一 切使わず、溝同士をかみ合わせて完成する設計になっています。子供でも簡単に持ち運べ、組 み立ての容易さと共に、簡単には崩れない構造的強度を持っています。木材には地元の気仙 沼杉無垢板を使用し、魚一枚一枚には、慶應大学の学生を中心に集めたメッセージが直接書 かれています。プロジェクトに賛同して下さった方からの寄付金を募って気仙沼杉を購入し、合 計1000枚もの魚を使って3つのアーチを完成させました。復興に向け、明日を担う子供達の心 が少しでも和らいでくれる事を願い、微力ながら活動をしています。

sakana3 sakana2

e6a39ae38387e382b6e382a4e383b3

説明
学内の韓国語研究室の模様替えに伴い、室内に設置する棚をデザインするオファーを受けた、現在進行中のプロジェクト。既製品にはない多様性を棚に持たせ、コミュニケーションを誘発する空間創出を目指す。

キーワード:棚 アルゴリズム クライアント

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388efbc882012-05-05-214136efbc89

e8a1a8e7b4991
FENTRESS ARCHITECTという会社が主催する学生コンペに応募した作品です。「未来の空港」というテーマのもと渡辺、山田、陳、大嶋の4人でデザインを考えました。コンセプトは「エコな浮島空港」です。市街地からのアクセス、広大な土地の必要性、騒音問題を考えた結果、メガフロートという新しい浮島の技術に注目しました。独立した島のような空港の中でターミナルや滑走路のような主要な機能はもちろん、フレネルレンズを用いた効率の良い太陽光発電や宿泊施設、さらには農場も設置し空港内ですべてをまかなえるエコな空港を目指しました。

キーワード;建築 空港 コンペ

e3819de381aee4bb96efbc92 e3819de381aee4bb96efbc91