sakana1

慶應義塾大学SFC 池田靖史研究室では、気仙沼復興プロジェクトの一環として、8/11・12に気 仙沼で開催された、「港けせんぬま復活祭」において、気仙沼小学校と南気仙沼小学校6年生 62人と共に、さかなのアーチをつくるワークショップを開催しました。気仙沼港で水揚げされ る代表的な魚「かつお」「さんま」「さめ」の形に切った3種類の木板のピースを、釘やノリを一 切使わず、溝同士をかみ合わせて完成する設計になっています。子供でも簡単に持ち運べ、組 み立ての容易さと共に、簡単には崩れない構造的強度を持っています。木材には地元の気仙 沼杉無垢板を使用し、魚一枚一枚には、慶應大学の学生を中心に集めたメッセージが直接書 かれています。プロジェクトに賛同して下さった方からの寄付金を募って気仙沼杉を購入し、合 計1000枚もの魚を使って3つのアーチを完成させました。復興に向け、明日を担う子供達の心 が少しでも和らいでくれる事を願い、微力ながら活動をしています。

sakana3 sakana2

Coming Soon.