慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 池田靖史研究室




情報技術を応用した環境デザインの方法を探る研究会です。

情報技術の進歩により、建築や都市のデザインを総合的に扱うコンピューテーショナルな環境が出現しています。3次元の立体データによって「図面」を経由せずに広範囲な情報共有が可能となるにつれ、デザインの方法からものづくりの方法、そして完成後の利用の方法に至る様々なプロセスに影響が起きつつあります。構造、音、熱、気流などの様々な環境要因についてのシミュレーションや、複雑で設計作業が困難だった立体的関係の検討が可能になり、アルゴリズムによって建築の機能条件の解決可能性をコンピュータで高速に計算させる手法も登場しているからです。さらにデジタル制御の製造加工技術との連携が空間構築の技術的可能性自体にも変化をもたらそうとしています。

こうした技術の進化の一方で、我々の生活は地球環境への対応を迫られ、これからの建築・都市にはエネルギー不足や大規模災害の危機や、高齢化やグローバル化する社会への対応が求められています。この研究会は、新しいデジタルデザイン環境による設計手法について、具体的なプロジェクトを通じて学習し、斬新かつ有意義なデザイン提案の方法を研究することによって、こうした社会における様々な問題を解決する可能性を考えます。 個人またはチームでデジタルなデザイン環境による建築・都市・環境の具体的実例の提案を作成する事を具体的な活動にしています。

Comments are closed.