情報技術を応用した環境のデザインとその実現方法を探る研究会です。情報技術の進歩により、建築や都市のデザインとその実現を総合的に扱うコンピューテーショナルな環境が出現しています。
パラメトリックなデジタル3次元モデルを基盤にするデータ集積(BIM)によって「図面」を経由せずに広範囲な情報共有が可能となるにつれ、デザインの方法からものづくりの方法、そして完成後の利用の方法に至る様々なプロセスに影響が起きています。構造、音、熱、気流などの様々な空間と環境の要因についてのシミュレーションや、複雑で設計作業が困難だった立体的関係の検討が可能になり、アルゴリズムによって建築の機能条件の解決可能性をコンピュータで高速に計算させる手法も登場しているからです(コンピューテーショナル・デザイン)。今後、さらにデジタル制御の製造加工技術とのデータ連携が空間構築の技術的な実現可能性自体にも大きな変革をもたらそうとしています。(デジタル・コンストラクション)

こうした「建築情報学」の進化の一方で、我々の生活は地球環境への対応を迫られ、これからの建築・都市にはエネルギー不足や大規模災害の危機や、高齢化やグローバル化する社会への対応が求められています。「建築情報学」の技術をこうした社会における様々な問題を解決するレジリエンシイ、サスティナビリティ、アダプタビリティといった新しい価値を建築にもたらすものであるべきであると考え、実践的なプロジェクトを通じて、イノベーティブでかつ有意義なデザインとその実現手法を研究しています。おもにチームで上記のようなデジタルなデザインとその実現手法による建築・都市・環境の提案と実験や実証を具体的な活動にしています。

 

This is seminar to learn and explore the way of environmental design and its implementation that applies computational technology.
Progressive information technology bring new environment for comprehensive design of architecture and urban with computational method. As a media for design is sifting from drawing to parametric 3 dimensional model with attribution data (BIM), various processes in the method among design, production and use got great impact. Computer simulation with algorithm to adapt functional requirements allow us to achieve a complicated design of 3-dimensional relationship regarding many different environmental factors such as structure, sound, heat, light energy etc.(Computational Design) Furthermore this change is extended to the technology of manufacturing and construction process with digital control. (Digital Construction) These are taken as progress of “Archi-Informatics”

On the other hand, contemporary architecture and urban design are forced to respond to the global environmental issues such as crises of energy shortage, aging society and large-scale disaster. Thinking Archi-Informatics is expected to carry new value of architecture with resiliency, sustainability and adaptability. Through study and proposal on concrete projects to solve the various issues by collaborative team, this seminar aiming at explore the innovative design.