[2010年度]

「表参道周辺の街区用途遷移と町並の建築的特徴の発生に関する研究」 小西末奈

“A study of the transition of the use per block and the generation of the architectural features around Omotesando”

「秋葉原駅前交通広場における仮説的な交流空間の設置に関する研究」 岩根真平

“A study on the installation of an exchange space constructed temporarily in the traffic square in front of Akihabara Station”

「デジタルファブリケーションを用いた木造仮設建築の施工容易性に関する研究」 宮幸茂

“A study on Effortress Construction for Temporal Wooden Architecture Applying Digital Fabrication”

「共同設計時における初期建築設計プロセスに関する研究 -言語コミュニケーションのダイナミクスに着目した遠隔操作を用いての住宅設計の実験を通じて-」 宮崎敦史

“Study of architectural design process by group practice at early phase -Through experiment of house design using remote operation system focusing on the dynamics of lingual communication-”

「商業集積地における買い回り中の休憩行動と多層階商業施設の関係に関する研究」  萩原洋子

“A Study on Relation between the Resting and Maltistoried Commercial Facilities in Commercial accumulation area”

「キネティックアートの空間デザインへの応用に関する研究  -「風がみえる小さな丘」の制作をきっかけとして-」島田雄太

“Implementing the Elements of Kinetic Art in Spatial Design  -Through the Practice of Designing”Little Hilltop with Wind View”

Comments are closed.