2011_ Dalian Hot-spring Resort Plan

中国は大連近郊の瓦房店市には天然の温泉地があり、現在開発が進められています。2011年、慶應義塾大学及び大連理工大学の教員・学生が主体となり、再開発計画を大連旅行局局長らに提案しました。狙いは日本の温泉地開発の技術やノウハウを瓦房店市へ活用することでした。「温泉街ゲート」「湯川散策道」「湯川商業スペース」の三地区に区画整理する事を提案しました。この再開発の提案が、瓦房店市や大連市等の温泉地域全体の活性化に繋がれば良いと考えています。

Comments are closed.