2015_CTBUH Competition


CTBUHは高層ビル協議会が毎年主催している国際学生コンペティションです。設計を学び始めた学部生5名と大学院生1名でチームを作り、4か月間でツールの習得から設計までを行いました。このコンペでは敷地やテーマは各自設定することになっていたため、私達はインドムンバイのDharaviという世界最大級の超過密人口のスラム上空に100万人が暮らせる超高層ビルを設計することにしました。既存コミュニティをなるべく保存したまま地上のDharaviと上空のNeo Dharaviを接続し、街を拡張します。そして一年を通して気温の高いムンバイでエアコンのようなエネルギー消費を抑えることができるような形状、また、高層ビルの特徴を活かして空調を行うなど環境に配慮したデザインに挑戦しました。

Comments are closed.