Introduction

研究会シラバス


About Us

情報技術を応用した環境のデザインとその実現方法を探る研究会です。
情報技術の進歩により、建築や都市のデザインとその実現を総合的に扱うコンピューテーショナルな環境が出現しています。
パラメトリックなデジタル3次元モデルを基盤にするデータ集積(BIM)によって「図面」を経由せずに広範囲な情報共有が可能となるにつれ、デザインの方法からものづくりの方法、そして完成後の利用の方法に至る様々なプロセスに影響が起きています。構造、音、熱、気流などの様々な空間と環境の要因についてのシミュレーションや、複雑で設計作業が困難だった立体的関係の検討が可能になり、アルゴリズムによって建築の機能条件の解決可能性をコンピュータで高速に計算させる手法も登場しているからです(コンピューテーショナル・デザイン)。今後、さらにデジタル制御の製造加工技術とのデータ連携が空間構築の技術的な実現可能性自体にも大きな変革をもたらそうとしています。(デジタル・コンストラクション)

こうした「建築情報学」の進化の一方で、我々の生活は地球環境への対応を迫られ、これからの建築・都市にはエネルギー不足や大規模災害の危機や、高齢化やグローバル化する社会への対応が求められています。「建築情報学」の技術をこうした社会における様々な問題を解決するレジリエンシイ、サスティナビリティ、アダプタビリティといった新しい価値を建築にもたらすものであるべきであると考え、実践的なプロジェクトを通じて、イノベーティブでかつ有意義なデザインとその実現手法を研究しています。おもにチームで上記のようなデジタルなデザインとその実現手法による建築・都市・環境の提案と実験や実証を具体的な活動にしています。

メンバー

Projects(History)

  • 2015_Rapid Prototyping
    パラメトリックモデリング、デジタルファブリケーションを駆...
  • 2015_Biennale Interieur Competition
    Interieur Awards 2016というコンペに...
  • 2015_Ginza Competition
    銀座線の魅力向上に寄与するアイデアを提案するデザインコン...
  • 2015_CTBUH Competition
    CTBUHは高層ビル協議会が毎年主催している国際学生コン...
  • 2014_慶應型共進化住宅-家具
    慶應型共進化住宅の中に置く家具のプロジェクトです。「共進...
  • 2014_Materializing
    3Dモデリングの正確な出力を行うレーザーカッター、3Dプ...
  • 2014_Timberlize
    Timberize TOKYO は 2020年の東京オリ...
  • 2013_See-through Landscaping
    台湾台中城市文化館実施コンペ(2013年度池田研全員参加...
  • 2013_workshop in Belgrano university in Buenos Aires Argentina
    2013年11月4日から11月6日までの全3日間、慶應義...
  • 2012_Digital Woods
    先端的なデジタルものづくり技術を応用したサスティナブルな...
  • 2012_CLT Panorama House
    2011年東日本大震災で使えなくなった建物をパノラマハウ...
  • 2012_eVolo Skyscraper Competition
    海外の建築雑誌eVoloが主催しているeVolo 201...
More Detailed Master Thesis

Public Relations

2018/11/22-/23
IKEDA Lab exibited KEI University at SFC Open Research Forum 2018

2018 7/18 (International Invited Lecture)
“Toward Digital Construction of Architecture” NCCR digital fabrication ETH Zurich, Swiss

2018/6/27 (International Invited Lecture)
“Digital Construction of Architecture in SMART VILLEGE ” MIT Short Programs, Beyond Smart Cities, MIT media Lab, USA

2018
情報シンポジウム 博士課程石澤氏

2018/4/13 (International Invited Lecture)
“Towards Digital Construction of Architecture” College of Architecture and Design, New Jersey Institute of Technology, New Ark, NZ, USA

2018/4/4 (International Invited Lecture)
“Improved sustainability: A look into Japan’s Eco-House Design” The Japan America Society of Chicago, IL, USA

2018/4/4 (International Invited Lecture)
“Toward Digital Construction of Architecture” School of Architecture, Illinoi Institute of Technology, Chicago, IL, USA

2018/3/27 (International Invited Lecture)
“Toward Digital Construction of Architecture” School of Architecture , Arizona State University, Tempe, AZ, USA

2018
Prof.Ikeda come back to Japan after an one-year study abroad program of the KEIO Univ.

2018
The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA) エラブ

2018
The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA) 堀田准教授